• 商品一覧
  • 美しいタオルが生まれる町 愛媛・今治
  • 今治タオル 品質
  • タオルを選ぶ、使う、贈る
  • 今治タオル 作り手ファイル

トップ > 美しいタオルが生まれる町、愛媛・今治 > その自然・風土

その自然・風土

愛媛県・今治市は県の北東部に位置しています。瀬戸内海のほぼ中央に突き出した高縄半島東半分の陸地部分と、広島県と愛媛県の間の瀬戸内海西部に散らばる、芸予諸島の南半分にあたる大小さまざまな島々から構成され、多様な景観を誇っています。

その陸地部分、高縄半島のほぼ中央に源流を発し瀬戸内海へと流れ注ぐ蒼社川は、緑深い山間部に鈍川渓谷など美しい渓谷美を生み出しています。この川の伏流水あるいは隣の西条市に位置する石鎚山系からの地下水など、今治は天然の美しく良質な水が豊富な地域としても知られています。

また、広島県尾道市に起点とし、芸予諸島を繋ぐように走る西瀬戸自動車道は、別名「しまなみ海道」という愛称を持っており、そこに点在するビューポイントからのぞむ、青く透明な瀬戸内海と島々の眺望の美しさは全国的にもあまりに有名です。

今治は、温暖な気候とこうした変化に富んだ地形から生まれる自然美に非常に恵まれたエリアと言え、ここから美しいタオルが生まれているのです。

今治タオル品質~やわらかく美しい水

深い緑に包まれた山間部から流れ出るのは良質な水

西瀬戸内海に浮かぶ島々と、それらを繋げる陸橋との景観美

▲その自然・風土のページトップへ