• 商品一覧
  • 美しいタオルが生まれる町 愛媛・今治
  • 今治タオル 品質
  • タオルを選ぶ、使う、贈る
  • 今治タオル 作り手ファイル

トップ > タオルを選ぶ、使う、贈る > お気に入りのタオルを上手に使う。

お気に入りのタオルを上手に使う。

新しいタオルは必ず洗って。

買ったばかり、あるいはもらったばかりの新しいタオルにはきれいには見えますが、まだまだ製造中に生じた細かいホコリが含まれていますので、必ず洗濯してから使い始めてください。最初は細かい粒子が出ることがありますが、これは色落ちではなく、余分な染料が出ているだけで2、3回洗濯をすれば出なくなります。
また、ギフトでいただいた箱詰めタオルをしばらく使わない場合、そのまま保存するのではなく、一度洗ってから保管してください。長期間放置されると、折り目の部分の生地が弱くなったり、色あせの状態が中面と表面で異なったりする場合があります。

そしてタオルの洗い方としては、洗濯ネットに入れ、柔軟剤は使わずに中性洗剤だけで、他のものと分けて洗濯していただくのがベストです。

また、洗濯機は、水量の少ないドラム式ではなく、たっぷりの水で洗える機種がおすすめです。

ふんわりタオルはパタパタ振ってループを起こすのが鍵。

タオルの手触りがかたくなる原因のひとつが干し方です。洗濯直後の脱水したタオルは、タオル地の最大の特徴であるパイル(ループ)が、あちこちの方向に向いてしまっており、そのまま乾くとタオルがかたくごわつく原因となります。そのため、本来あるべき姿としてパイルを起こすために、両手で端などを持ってパタパタとよく振るようにし、さらに四方をひっぱって全体のゆがみを直してから乾かすことが必要です。

タオルのほつれをどうするか。

タオルのループ状のパイル部分が伸びてしまった場合は、生地の織り目を確認して元の方向に引っ張り直すか、それでも伸びてしまった部分が戻りきらない場合は、根元をカットして下さい。また、タオルの端がほつれたりまくれたりした場合は、その上からミシンを掛けてもらうと、それ以上ほつれが進むのを防げます。

タオルを選ぶ・使う・贈る トップに戻る▲お気に入りのタオルを上手に使う。のページトップへ