• 商品一覧
  • 美しいタオルが生まれる町 愛媛・今治
  • 今治タオル 品質
  • タオルを選ぶ、使う、贈る
  • 今治タオル 作り手ファイル

トップ > 今治タオル 品質 > タオルができるまで

タオルができるまで

紡績

日本で使用される綿花はほとんど100%が輸入されています。
それら世界各国からの輸入綿花を紡績会社で糸にし、これらを各タオル生産工場が仕入れて加工をしていきます。

▲タオルができるまでのページトップへ

ソフト巻き

紡績会社から届いた糸(「チーズ巻き」と呼ばれます)を、まず「ソフト巻き」に巻き返しを行います。穴の開いた支柱に巻きかえすことで糸を均等に染めることができ、糸の染めむらを防ぎます。


  • チーズ巻き

  • チーズ巻きをソフト巻きに巻きかえる

▲タオルができるまでのページトップへ

前処理(精錬漂白・糸染め・糊付け)

タオルを織る前に、糸を先に染めることを「先染め」と言い、先にタオルに織ってから、生地の色を染めることを「後染め」と言います。後染めの際に、糊抜きや精錬加工も一緒に行い、先染めの糊抜きや洗いなどは、生地にしてから行います。今治では先染めした糸を使い、多彩な色を使って柄を出す「ジャカード織り」が主流です。

染色工場では、染色機にソフト巻きをセットし、指定した色に染めていきます。


  • 染色機に入れます。

  • この穴から液を流し込み染めていきます

この時に、指定した色に染めるだけでなく、精錬漂白加工も同時に行います。精錬加工とは、原糸の綿繊維が持っている油脂分・蝋質・ペクチン質などを落とし、綿が持っている吸水性を引き出す工程です。同時に糸に付着している不純物や汚れも取り除きます。また、漂白加工とは、原糸に含まれる色素不純物を取り除き、綿本来が持っている天然の白さを引き出す加工です。精錬加工だけでは色素不純物は取り除けませんし、両加工がきちんと行われていないときちんとした色に染まらず、色ムラができたりするなど、自然な白いタオルが生まれません。とても重要な工程です。


  • ソフト巻き完成

  • ソフト巻きした糸を染色機にセットしていきます

  • 左:精錬漂白前、右:加工後 ※蛍光漂白剤などは使用していません

▲タオルができるまでのページトップへ

整経

染めあげられた糸でデザインに応じタテ糸の準備をします。糸染めが終わった糸は、今度はクリールに立てて、タイコとよばれる木管にタテ糸を巻き取り、そしてビームに巻きつけいきます。先染めの製品はこの段階で柄模様の順に巻いていきます。


  • クリールに立てる

  • タイコにタテ糸を巻き取りビームに巻く

  • ビームに巻きつけ、織機にセットする

▲タオルができるまでのページトップへ

織る

タオル織機に地経(じだて)糸とパイル経(たて)糸をセットし、パイル長や密度などを糸の特性に合わせて調整し織り上げていきます。均一な糸を均一に巻いたビームを準備し、均一なテンションで織りつけられていくかどうかにより、織物の生産性と品質が左右されます。ここが職人の腕の見せ所になります。
織機は、昔は管(くだ)の入ったシャットルが行ったり来たりして織るシャットル織機でしたが、現在では、高速で織り上げるレピア織機が主流になっています。また、タオルの織り柄の装置も複雑な柄も織れる「ジャカード」と、無地、チェック柄、ストライプ柄など簡単な柄が織れる「ドビー」とがあります。
今治では先染めの糸を使って柄をだす「ジャガード」が主流です。

  • シャットル織機

  • 高速で織り上げるレピア式織機

シャットル

▲タオルができるまでのページトップへ

後工程(染色・洗い・乾燥など)

1. 染色・洗い

織り上げたタオルはまた染色工場へ移され後工程へと移ります。生地を織ってから染める時はここで染めていきます。先染めされた糸で織り上げた生地は、洗いをかけ糊抜きします。


  • 節水型、液流染色機

  • 中の様子

  • オーバーマイヤー染色機:小ロット、バスマットなどの厚手の生地の際に使用

2. 乾燥

生地を織り上がった反物の状態で加工したものは、くしゃくしゃになった反物を広げ、ドラム缶をヨコにしたようなシリンダを通して、連続乾燥機の中に入れ、移動させながら乾燥させていきます。


  • 連続乾燥機

  • 乾燥機の中で行き来して
    乾燥中

  • ピース乾燥機:生地を1枚切りにしたピースの状態で加工したものは、写真のような大型ドラム式乾燥機で乾燥させます
そして、裁断機に掛けヘム部分を裁断し、縫製工場へもって行きます。ジャガード織り・プリント工程を終えたタオルは縫製段階へと移ります。タオルの裁断とミミとヘムといわれる部分の縫製と検品が行われます。

裁断機でヘムを裁断

▲タオルができるまでのページトップへ

縫製

染色、プリント等加工された生地がタオルサイズにあわせて裁断され、ミミとヘムを丁寧に縫製していきます。その後、刺繍などを行う場合は刺繍工場にて加工します。


  • 1枚1枚丁寧に縫製をしていきます。

  • 刺繍機

▲タオルができるまでのページトップへ

仕上げ・検品・出荷

最終の商品に不良品が無いか、パイル抜けなどの確認を行いきれいに整えて、商品ごとに袋つめをして、検針機を通して最終的に検査をして箱詰めしていきます。

その他、加工について

タオルのシャーリング加工

タオルのパイル地の片面をスパイラルカッターで毛足を1/3~2/3をカットし、ビロードのような手触りにすること「シャーリング加工」と言います。プリント加工をするときによく行われます。シャーリング加工は、ループが均一に立ち上がらないと生地全体が綺麗に出ないので手間と技術が必要となる作業です。また、そのためには糊つけをはじめとする糸の準備から生地の織りまで質の高い作業がかかせません。

真ん中のカッターが回転し、表面をカットしていきます
よく市販されているプリントされたシャーリングタオルは、あまり水分を吸わないイメージがあるかもしれませんが、本来、良質のシャーリング加工をされたタオルは通常のパイル生地と同等の吸水性を誇ります。吸水が低いというイメージを持てれている理由は、その上に載せるプリント方法によるものだと考えられます。

シャーリング後の画像。生地を洗いに掛けることよりふんわりとしたタオルに変身。

今治タオル 品質 トップに戻る▲タオルができるまでのページトップへ